読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君たちの記憶に僕は住んでいるのかい?」

今日は突発的事象のために帰る前にお酒をしこたま飲んでだるくなり,家に着く前に水分を求めてスーパーでお茶を買おうとしたら,レジで前の人が大量の食料品買い出しに加えてタバコを買って,どの銘柄っていうのでちょっと時間がかかって,さらにそれをプリペイドカードで払おうとしたらチャージ不足で,待っている間に私の目はどんどん死んだ魚みたいになっていったんだけど,レジのおばちゃんが私の会計を済ませた後,唐突に「久しぶりよね,会うの」って言うからめっちゃびっくりしました。

このお店は5年くらい使っているけど,個人的な会話なんてしたことなかったし,結構大規模店舗でお客もお店の人もたくさんいるので。

私はおばちゃんのこと識別してたけど,おばちゃんも私のこと識別してたの!?

 

とっさに劇場版遊戯王の「君たちの記憶に僕は住んでいるのかい?」が脳裏をよぎり,「あー,このおばちゃんがいてくれたら私は次元の粒子となって散らずに済む!!」ってめっちゃ思いました。

おばちゃんありがとう〜。

 

明日は今度こその見納めで4DX観に行きます!!!