読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【劇場版遊戯王4D】MX4D感想(ネタバレ)【結論は4DX】

4DX通常上映(イオンシネマ)→4DX大喝采(ユナイテッド)ときて,とうとうMX4D(TOHO)も観てきました!

結論から言うと,全力で4DXの方をお勧めします。

とは言っても後述の通り,劇場版遊戯王自体はどっちで観ても超面白いです。

自分も一度はMX4Dで観たかったし,今日はファーストデー料金だったし,何と言っても劇場版遊戯王をもう一度観られたので(変な映画観てMX4Dでも期待はずれだったらショックでかすぎ〜)よかったです。

 

それから,今日も「青眼の亜白龍」もらえました!これで3枚集まった〜。

そしてその映画館ではこの回をもって配布終了となりました。

明日はあまりにも初鑑賞が良すぎて忘れられないので,そのときの映画館にまた4DXを観に行きますが,もらえるかな〜?(←配布終わってた)

 

軒並み10/7(金)が上映最終日みたいなので,週末観るなら今日明日しかないっ!

 

***** 以下ネタバレ *****

 

【MX4D感想】

・顔面めがけて霧吹き攻撃してくる。かなり強い。しかも回数多い。同じ方からばかり来る。

・顔面に吹き付けられると反射的に目を閉じてしまう。目をつぶっちゃうと画面見えないんだよね…映画施設として致命的な欠陥だと思うんだけど…。4DXでは後頭部への効果になっていたり,配慮がある。

・デュエル風がない!!!(デュエル風=デュエル中に吹く風)

・ローリングデュエルじゃない!!!(デュエル中に座席がぐい〜んと常に動く動きがない)

・背中のどつきがピンポイントすぎる(面でどついてくる4DX,点でどついてくるMX4D)

・ブラマジガール限定でバラの香り。これははっきり嗅げてよかった。でももうちょっとかわいい感じの香りのほうがよかったな…。ラストだけでなく,ファーストデュエルのときも香ってました。

・雨が降らないとか!!!

・シャボン玉が出ないとか!!!(私にも「シャボン玉〜?」と思った時期がありましたが,ラストのあのシーンでシャボン玉が出るのを期待している自分に気付いてしまった)

・足下のピシュピシュ来るのは痛いし,求めてるのはそういう感じじゃない

・足が届かない(不安定感)

・機構の動きがぎこちない(ガクガクガクギギギギって感じ),音がうるさい 4DXは動きがなめらかで浮遊感があります

・デュエル風がないので,スモークがなかなか吹き払われず,滞留して画面にかぶってしまう時間が長い

・スクリーンから離れた位置にあるフラッシュが気になる(スクリーンに集中できない)

・雷のシーンで,フラッシュ(MX4D)→落雷音(映画)と時間差をつけたところは「おっ」と思った(けど,雨も降ってないしそのフラッシュはなくてもよかった)

・4DXを体験してしまった後では,全体的に動きが小さくて,全然満足できない

・何気ないシーンでも常に演出がついている4DXに対して,MX4Dはスポット的な演出にとどまっている

・全体的に取ってつけたような演出で没入感が薄い

・おそらく演出と機構の両要素が重要と思われるが,4DXの演出家が神業披露しているのと,上記の通りMX4Dには機構自体に致命的な欠点があるので,やっぱり4DXのほうに軍配を上げざるを得ない

・MX4Dは米国の会社が開発しているらしいのですが,アメリカンなワイルドさと考えると色々納得(4DXは韓国の会社の製品らしい)

 

とまあMX4Dをさんざんディスりましたが,今回初めて鑑賞中に泣きました。これまでで一番感極まったかも。

考えられる原因としては,

・4DXのときのような浮遊感,高揚感がなかったため,映画自体への感情移入が強まった

・涙をギリギリこらえていたところにMX4Dの顔面霧吹き攻撃をくらって思わず目をとじちゃって涙があふれてしまった

うーん,MX4D…。

 

それから今回は,あまりにデュエルの中身がわけわかんないので「千年の記憶」を買ってきて予習してから臨みました。(「千年の記憶」にはラスボス戦をのぞく劇中デュエルの全ターンの解説が載っています)

 

【デュエル感想】

・「千年の記憶」のデュエル解説を読んで,あまりの効果の多さと各ターンのボリュームに最初は「なんだこのインフレクソゲーは…」と思いましたが,限られた時間の中であれだけの密度あるデュエルシーンを描けているのは,各カードが様々な効果を持っていてターンを消費しないでもテンポよくたくさんの行動を重ねられるからというのが大きいと思うので,ゲームというより映画的な事情ということで理解して,まあ納得しました

・方界カードが何をやっているのか全然わからなかったけど,やっと理解できました!が,チートな強さにげっそり…まあ,敵が圧倒的強さを持っている方が盛り上がるけどね!

・「ディメンション・トラップ・ピラミッド」が無限ループ,の意味がわからなかったけど,やっとわかりました 確かに無限ループ

・以上,しっかり予習してから臨んで序盤は頭の中で効果をなぞりながら観てたけど,バトルが加速するにしたがってどんどん興奮して来て,早々に全部頭からトびました

・結論としては,デュエル詳細は理解できなくても最高に面白いです

 

【その他感想】

・今回は三回も泣いた

・やっぱりデュエル最高!絵きれい,CGもきれい,モンスターの動きもいいし,迫力ある台詞の合間に聞こえてくるBGMも圧巻で,これでもか!と盛り上げてくる!

・「Millennium Power」がイントロからなかなか先に進まないからじれったい(その後のかっこいいところが好きなので)

・「Nameless Pharaoh」「Passionate Duelist」のかかるデュエルやばい,かっこいい

・後一押しでサントラ買っちゃいそう…

・津田さん,風間さんの演技すごすぎ

・セラの子役の子,演技うまい

・獏良は闘いの儀の回想シーンに出てくるキャラデザがよかったな〜

・王様に会えて救ってもらえた城之内と,同じく別次元に消されたのに,王様に会えないし救ってもらえなかった獏良…

・闇バクラが目覚める瞬間,ぴょん!と逆立つ例の両サイドの髪の毛

・獏良の「ごめんなさい」は色々な思いがこもっている感じで好き。悪いことは全部千年リングがやったことで自分のせいじゃない!と思っていても,結局はそういう自分の運命を受け入れる覚悟をしたっていう感じがする。梨香様の演技が素敵なんじゃ〜。

・でも獏良は覚えてないことなのに毎回かわいそうだよね…記憶編でもハブられてたし…。

・今日も「ディメンション・トラップ・ピラミッドだ!」→▽→「!?…???」ライフなくなる前に無限ループ完成してよかったね…危なかったよ

・ばんばん吹っ飛ばされて転がされるけど何度でも立ち上がる遊戯,そのしぶとさ,たくましさが遊戯の強さ,かっこよさだよ〜!

・これまで海馬は好きになれないというか興味がなかったけど,映画観てから好きになった やっぱり心情を知ってその一途さを理解し出すと好きになっちゃうよね…

・最後の海馬,次元シフト以前にあんなことしたら死ぬだろと思うから,ラスト=臨死体験説の支持率高まる

・やっぱりシャーディーのしたかったことが分からない。原作も読み返したけど,やっぱり全然わからない。

・今日は隣でボバサみたいな人がポップコーン食べてたから,ブラマジガールが出てくるシーンはバラの香りで,後はポップコーンの香りだった デュエル風もなかったし

・クレジットロールの洋楽,いい

・前回,大喝采を微妙にディスったけど,今日観ていてちょっと声出したり,拍手したくなってる自分がいたので,ぼっちだとしても,大喝采参加,やっぱりアリかも